当社グループは、半導体デバイス事業(電気・通信機器等のICの開発・製造・販売)という、単一の事業を行っているため、セグメントは、日本・アジア・欧州・北米のエリア区分で記載するものとします。

  • D-in売上高 : デザイン・イン・ベース売上高。当社の製品を搭載した製品が企画・設計され、実質的に受注を獲得した地域をベースとした売上高。

日本

2019年3月期は、主に産業機器等の分野向けの売上が増加した一方、フェニテックセミコンダクター株式会社の工場統合に伴い減価償却費等の費用が増加したことにより、売上高169億34百万円(前年同期比1.0%増)、セグメント利益13億83百万円(前年同期比31.5%減)となりました。

 

 

アジア

2019年3月期は、主に産業機器等の分野向けの売上が増加した一方、デジタル家電等の分野向けの売上が低迷したことにより、売上高54億44百万円(前年同期比4.4%減)、セグメント利益1億13百万円(前年同期比38.4%増)となりました。

 

欧州

2019年3月期は、主に医療機器等の分野向けの売上が増加した一方、産業機器等の分野向けの売上が低迷したことにより、売上高8億80百万円(前年同期比1.3%減)、セグメント利益52百万円(前年同期比5.9%減)となりました。

 

北米

2019年3月期は、主に家電機器等の分野向けの売上が増加したことにより、売上高6億37百万円(前年同期比0.1%増)、セグメント利益30百万円(前年同期比85.7%増)となりました。