株主・投資家の皆さまへ

 株主の皆様におかれましては、平素より当社グループ事業へのご理解とともに多大なご支援を賜り、誠にありがとうございます。
 第24期(2019年3月期)の営業状況は、上半期において半導体・電子部品関連市場の高成長を受け、想定を上回る成果を上げましたが、下半期に入ると、米中貿易摩擦等を背景に市場環境が悪化し、一転して低調に推移しました。結果として連結業績は、期初の予想数値を下回り、売上高238億96百万円(前期比0.4%減)、営業利益15億50百万円(同29.9%減)、経常利益18億20百万円(同8.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益10億49百万円(同16.3%増)となりました。
 第25期(2020年3月期)は、引き続き厳しい市場環境が続くものと見て、減収・減益を想定していますが、早期の業績回復を図りながら、重点市場におけるシェアを拡げ、持続的成長を実現してまいります。