株主・投資家の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症の蔓延が続く中、お亡くなりになった方々に謹んでお悔み申し上げます。罹患された方々が一日も早く回復され、また感染症が終息し、皆様の平穏な生活が戻りますことをお祈りいたします。
 第26期(2021年3月期)の半導体・電子部品関連市場は、コロナ環境に対応した新しい生活様式・社会様式への変化に伴う需要が急速に増加し、特に半導体は、車載用を中心に世界的な需給逼迫が生じる状況となりました。当社グループの営業状況も、前期の落ち込みから大きく回復し、連結業績は、売上高237億12百万円(前期比10.3%増)、営業利益12億9百万円(同78.3%増)、経常利益12億6百万円(同78.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益9億33百万円(同123.6%増)となりました。
 当社グループは、第27期(2022年3月期)より新たな5ヵ年の中期経営計画を始動しました。本計画にもとづく成長戦略を着実に遂行し、事
業のさらなる拡大とともに脱炭素社会への貢献を果たしてまいります。